Profile

大峠 和基

1996年生まれ。 2012年から徳山高専で情報電子工学を学んだ後,2017年に筑波大学情報メディア創成学類に編入。 主な実績としてU.22プログラミング・コンテスト(経済産業省商務情報政策局長賞/企業賞)や全国高専プログラミングコンテスト(敢闘賞2回)など。 中国地方コンピュータフェスティバルではソフトウェア部門・メディア部門で3年連続最優秀賞を含む4回の受賞。 企業ハッカソンではチームラボ(最優秀賞),サイバーエージェント(特別賞),レバレジーズ(最優秀賞)に出場。 2017年よりデジタルネイチャー研究室(落合陽一研究室)に所属し,空中映像を専門に研究を行う。 書籍1本,国際会議論文6本,国内会議論文1本。

Kazuki Otao

Kazuki Otao was born in 1996. After studying computer science and electronic engineering at National Institute of Technology, Tokuyama College since 2012, he is incorporated into the College of Media Arts, Science and Technology at the University of Tsukuba in 2017. He got a prize in many contests including U-22 programming contest and national college of technology programming contest. He is an expert researcher of the aerial imaging system in Digital Nature Group.

Resume (English)

Career

学歴 / 職歴

  • 2012/04 - 2017/03  徳山工業高等専門学校 情報電子工学科
  • 2017/04 - present.  筑波大学 情報学群 情報メディア創成学類 (デジタルネイチャーグループ: 落合陽一研究室)
  • 2015/08 - 2015/09  チームラボ株式会社 インタラクティブチーム
  • 2016/12 - 2017/08  ユニロボット株式会社 Unityエンジニア
  • 2017/09 - present.  ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 エンジニア

Academic Backgroud / Work Experience

  • 2012/04 - 2017/03  National Institute of Technology, Tokuyama College
  • 2017/04 - present.  University of Tsukuba, College of Media Arts, Science and Technology, Digital Nature Group (Yoichi Ochiai Lab.)
  • 2015/08 - 2015/09  Interactive Team at teamLab Inc.
  • 2016/12 - 2017/08  Unity Engineer at Unirobot Corporation.
  • 2017/09 - present.  Engineer at Pixie Dust Technologies, Inc.

Project

MistFlow

手の姿勢検出を元に変化する霧の形状を推定し,投影される映像と実際の霧スクリーンの流れが自然に一致することを目指したフォグディスプレイを研究開発しました。

  • SIGGRAPH Asia 2017
  • 情報処理学会インタラクション2017

Mealie:学食食券オンライン予約システム

Mealieは教室に備え付けられたタブレット端末から食堂の食券を予約することができるサービスです。遠い食堂まで行く手間を省き,自分の食べたいメニューを確実に予約します。

  • U-22プロコン 経済産業省商務情報政策局長賞

Re:ink:干渉可能なプロジェクションマッピング

Re:inkは真っ白になった工場を学園祭の来場者の手によって蘇らせるインスタレーションです。Unityを用いて映像を生成・同期することで,再生するたびに異なるストーリーが展開します。

Smart枕

Smart枕はAndroid端末と枕型デバイスが連携する新しいライフハックプロダクトです。枕型デバイスに組み込まれた圧力センサとバイブレーションを用いてユーザを確実に起こすとともに,睡眠情報を記録し,最適な睡眠時間を教えてくれます。

  • パソコン甲子園2014

SpaceWars

自ユニットを弾き飛ばして敵ユニットに攻撃します。ユニットはHPが0になるか,ステージから落とされると消滅します。いろいろな戦略を楽しむだけでなく,グラフィクスエフェクトと物理演算による爽快なプレイを楽しむことができます。

  • コンフェス2015 ソフトウェア部門1位

>>> All Project

Publication

Book - 書籍

International Conference Papers - 査読あり国際会議論文

  1. Kazuki Otao, Yuta Itoh, Kazuki Takazawa, Hiroyuki Osone, and Yoichi Ochiai. 2018. Air Mounted Eyepiece: Optical See-Through HMD Design with Aerial Optical Functions. In Proceedings of the 9th Augmented Human International Conference (AH ’18). ACM, New York, NY, USA, Article 1, 7 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3174910.3174911

  2. Kazuki Otao, Yuta Itoh, Hiroyuki Osone, Kazuki Takazawa, Shunnosuke Kataoka, and Yoichi Ochiai. 2017. Light field blender: designing optics and rendering methods for see-through and aerial near-eye display. In SIGGRAPH Asia 2017 Technical Briefs (SA '17). ACM, New York, NY, USA, Article 9, 4 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3145749.3149425

International Conference Posters - 査読あり国際会議ポスター発表

  1. Yoichi Ochiai, Kazuki Otao, Yuta Itoh, Shouki Imai, Kazuki Takazawa, Hiroyuki Osone, Atsushi Mori, and Ippei Suzuki. 2018. Make your own Retinal Projector: Retinal Near-Eye Displays via Metamaterials. In SIGGRAPH ’18 Posters (SIGGRAPH ’18). ACM, New York, NY, USA, 2 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3230744.3230810 (to appear)

  2. Kazuki Otao and Takanori Koga. 2017. Mistflow: a fog display for visualization of adaptive shape-changing flow. In SIGGRAPH Asia 2017 Posters (SA '17). ACM, New York, NY, USA, Article 17, 2 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3145690.3145696

  3. Shinnosuke Ando, Kazuki Otao, Kazuki Takazawa, Yusuke Tanemura, and Yoichi Ochiai. 2017. Aerial image on retroreflective particles. In SIGGRAPH Asia 2017 Posters (SA '17). ACM, New York, NY, USA, Article 7, 2 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3145690.3145730

>>> All Publication

Exhibition

  1. Shinnosuke Ando, Kazuki Otao, Kazuki Takazawa, Yoichi Ochiai. 2018.

    Glass beads display

    Media Ambition Tokyo, Roppongi Hills, Tokyo. 2018.2.9-25

  2. 森篤史, 大峠和基. 2017.

    ピタゴラメーカー

    「俺のピタゴラ」展, 茨城. 2017.12.16-17

  3. Digital Nature Group at the University of Tsukuba, Pixie Dust Technologies Inc. 2017.

    Recomposition of Human Presence: Waves, Material, and Intelligence

    Ars Electronica Festival, Linz, Austria, 2017.09.07-11

  4. 徳山高専祭メイン部署. 2015.

    Re:ink

    徳山高専 高専祭, 山口, 2015.10.31-11.1

  5. 徳山高専祭メイン部署. 2014.

    大蛇の乱

    徳山高専 高専祭, 山口, 2014.11.1-11.2

Achievement

Contest

  1. 片岡駿之介, 大峠和基, 野坂峻大, 伊藤 駿介. 2016

    Mealie -ミライ-

    U-22プログラミング・コンテスト2016, 経済産業省商務情報政策局長賞/OBC賞

  2. 大峠和基, 石丸佑香. 2016

    Blackboard

    コンピュータフェスティバル メディア部門1位

  3. 徳山高専ニューメディア部. 2015

    Pianist―鍵盤楽器運指練習システム―

    全国高等専門学校プログラミングコンテスト, 第26回長野大会, 自由部門, 敢闘賞

  4. 大峠和基, 片岡駿之介, 安念駿利. 2014

    Smart枕

    第12回全国高等学校パソコンコンクール, パソコン甲子園2014, モバイル部門, 本選出場

  5. 徳山高専ニューメディア部. 2013

    RAZIOくん―ラジオ体操支援システム―

    全国高等専門学校プログラミングコンテスト, 第24回旭川大会, 課題部門, 敢闘賞

  6. 大峠和基. 2013

    Simple Action

    コンピュータフェスティバル2013, ソフトウェア部門3位

Hackathon

  1. Next Wave. 2017

    Project Quest

    湯けむりハッカソン HACKERS BATTLE 優勝

  2. やりがい. 2016

    drofie

    サイバーエージェントKyotoHack 特別賞

  3. Team B. 2015

    あるせん

    チームラボオンラインハッカソン 優秀賞

Others

  1. 大峠和基. 2012

    Miminashi Hoichi

    中国高専英語暗唱・弁論大会 暗唱の部1位

Media

Radio

  1. FUTURES 落合陽一 RADIO PIXIE DUST, http://park.gsj.mobi/voice/show/6129, JFN「FUTURES」, 2018.4.23 5:30~6:00

Web Radio

  1. ふたりがたり#7 vs 大峠 和基, https://youtu.be/FX6AbaPJsWc, ふたりがたり, 2018.2.27

Web (Project)

  1. 筑波大学ら、網膜に画像を直接投影することで、現実空間と仮想オブジェクトの調和を実現する透過型ミラーデバイスを用いたレーザ投影システムを発表, https://shiropen.com/seamless/make-your-own-retinal-projector, Seamless, 2018.06.20
  2. 徳山高専ら、浮遊する映像を表現できる霧を用いたフォグディスプレイに触れることができるインタラクション技術を論文にて発表, http://shiropen.com/2017/12/29/30755, Seamless, 2017.12.29
  3. 落合陽一氏ら、AR向け技術を続々発表 キーワードは広視野・透過型, http://www.moguravr.com/pixiedusttech-ar/, Mogura VR, 2017.11.24
  4. ピクシーダストテクノロジーズとデジタルネイチャーグループ、透過型ミラーデバイスを用いたAR向け広視野シースルーHMD実現方式を論文にて発表。ボケの再現などを可能に, http://shiropen.com/2017/11/22/29800, Seamless, 2017.11.22
  5. 落合陽一氏ら、広視野角・網膜投影のメガネ型HMD発表, http://www.moguravr.com/glasses-hmd/, Mogura VR, 2017.11.16
  6. 筑波大デジタルネイチャーグループら、新しい空中映像表示技術「Air Mounted Eyepiece」発表, http://panora.tokyo/43491/, PANORA VR, 2017.10.30
  7. 筑波大学(Digital Nature Group)、広視野角の光学シースルーHMDを実現するための新手法「AME」を論文にて発表。VRクオリティを空中で再現, http://shiropen.com/2017/10/27/29009, Seamless, 2017.10.27

Technical Skills

Expert

  • C#
  • Unity

Advanced

  • Java
  • Git

Intermediate

  • C / C++
  • Android (Java)
  • Visual Basic
  • Bootstrap
  • Blender
  • Photoshop
  • AfterEffects

Basic

  • Python
  • Ruby
  • Swift (iOS)
  • HTML / CSS
  • Illustrator
  • Premiere Pro

Qualification

  • ・TOICE 815点 (2016)
  • ・応用情報技術者 (2013秋)
  • ・基本情報技術者 (2013春)